Q1、超撥水とは何ですか?またどんな効果があるのですか?
A、 蓮の毛羽立った葉の上に丸く水滴が付いている状態をイメージして下さい。
蓮の葉にはとても細かい産毛のようなものがあり、水を落とすと玉状になってすべり落ちます。玉紙は点膜加工と呼ばれる特殊加工で、紙の細かい繊維の上にミクロの毛羽立った状態を作ります。また、点膜ですのでたくさんの隙間も残し通気性を保っています。

また、超撥水とは水滴がより球体に近い状態で弾くことをいいます。完全な球体であればあるほど接触面積が小さく、超撥水効果で汚れを弾く事は、汚れがつきにくいともいえます。
Q2、手垢が心配ですが・・・?
A、 超撥水加工により接触面積が小さくなるため、汚れを付きにくくする効果があります。
また、玉紙は見た目は未加工の和紙と変わりませんが、表面が頑丈で摩擦に強くなっています。サンプルなどで是非触れてみて下さい。
Q3、撥水剤に使われている珪素(けいそ)とはなんですか?
A、 珪素(けいそ)とは元素です。元素番号14で元素記号でSiと表します。
岩石や砂にの主成分で、地殻の存在比では酸素の次に多いものです。
また、酸化するとガラスの主成分となります。
Q4、購入方法を教えて下さい。
A、 施工を伴う商品のため、一般の方への販売は行っておりません。工事店等へお問合せいただきますと、工賃共の御見積をいただけます。
また、施工業者の方は一度お問合せいただけましたら幸いです。お問合せはお電話、メール、FAXにて承っております。
Q5、汚れが付着した場合はどのようにしたらいいでしょうか?
A、 たっぷりと水を含ませたタオルやティッシュなど柔らかいもので軽くたたくようにふいてください。固いもので拭いたり、ゴシゴシと強く擦りますと汚れが和紙の繊維の奥の方へ入り込んでしまい逆効果です。
また、洗剤には界面活性剤が含まれており、撥水加工が取れてしまうため避けて下さい。
尚、頑固な油汚れや長時間放置した汚れは落とすことができません。
Q6、日焼けは大丈夫でしょうか?
A、 自然素材ですので、紫外線による褐色はあります。
全体的に黄色っぽくなります。
Q7、施工方法で注意点はありますか?
A、 特別な施工方法はありません。
ただし、ビニールクロスとは若干異なります
施工要領書をご用意しておりますので、お問合せ下さい。
Q8、ふすまには使えますか?
A、 ご使用できます。
反りなどを心配される場合は、袋張り施工をお勧めします。
Q9、ジョイントはどのようにしたらいいでしょうか?
A、 重ね貼り、もしくは突きつけ施工を推奨します。
ジョイントの目開きを懸念される場合は重ね貼りをお勧めします。
また、突きつけ施工は洋室にも良く合います。
設計担当の方とご相談のうえ、施工して下さい。
Q10、ジョイント部分が剥がれてしまうのですが?
A、 超撥水加工によって重ねのジョイントが剥がれる場合があります。
壁装用ボンドを使用して下さい。木工用ボンドより粒子が細かいため繊維の間に入り込む為、接着しやすくなります。