2006年3月11日〜19日
中近東文化センター博物館にて



左が西洋茜の根、右が桑。
その下が矢車附子(やしゃぶし)です。
矢車附子とはカバノキ科の木の実。茶色から黒に染める事ができます。


ディスプレイに使用しているのは彩かさねAY-11(秀眞)です。
また、玉紙を葉っぱの形に切り抜いて使用してみました。


AY-01(翠光)使用 →